「暴風雪警報」は何処へ…

腰を据えて待っていた暴風雪は、昨夜の強めの風も収まり
どこかに行ってしまった秋田県南内陸部です。
朝から降り出した雪は、雨に変わってしまいました。
寒の入りから9日目を「寒九」と言い、寒苦に通じる気もしますが
昔から「寒九の雨は豊作の兆し」として喜ばれていたそうです。
思えば昨年は出穂間近の水田が大雨のため水没して不作でした。
今年は期待が持てそうな気がしてきました。

PS このことを愛妻に話したら、すかさず
「捕らぬ狸の皮算用」の言葉が投げ返されました。

関連記事

  1. V.MAX揃い踏み…

  2. 秋田にだって…

  3. 2日目も名無しで…

  4. 何処から見ても何時見ても槍は槍…

  5. 「大曲の花火 春の章」…

  6. まだまだ進化の途中です…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。